プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

巻き戻しだが

さて、今度は巻き戻しの動きになっています。ドル円が102円に入ることができるかどうかに注目が集まります。往来相場ではありますが、目先はこういった動きが続くのかもしれません。方向感が見えにくく、やりにくいところではありますが、一時的には上値を目指す動きがあっても、結局は押し戻されるのではないか、と言った懸念があります。やはりダウの動きには懸念が残ります。

ウクライナ情勢は依然として警戒すべき局面です。米国の支援が本格化してきているようにも見えますが、個人的にはウクライナ自体がどういった方向を示すのかが未だはっきりとしていないようにも思います。ロシアを頼りたい向きもあると思いますし、日本で見ている情報がどの程度正しいのかもわかりません。取り敢えず選挙が行われるかと思いますが、そこからも山あり谷ありかと思います。特にウクライナは自国の勢力圏と見ているであろうロシアが引き下がる可能性はかなり低く、問題が長期化する可能性もあるでしょう。

米国の動きが目立つようになってきていますが、いかんせんウクライナは遠い所です。ロシアとの地の利は圧倒的に不利です。もちろん、現代社会においてそういったことはかなりの程度改善されていますが、それでも迅速な対応という点では難しい所です。そこをどう考えているのか。西側の理論はそれはそれでいいのですが、果たしてうまくいくのかどうかははっきりしないところではあります。個人的には未だ波乱がありそうで、そうなった時の相場がどうなるのか、やはり懸念すべき所ということが出来るでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |