プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日は普段とは少し違った話をしようかと思っています。この文章に関しては賛否両論あるかと思いますが、こういった見方をしている人もいる、程度に考えていただければと思います。

以前、アナリストをやっている方と話す機会があったのですが、その時に「結局相場はテクニカルでしか判断しようがないよね」といった感じの話をしました。ファンダメンタルズが不要というわけではないのですが、具体的な価格を出すことも出来ませんしね。そもそもFXにおいては、通貨ペア双方にファンダメンタルズ的な要因がたくさんあり、それが複雑に絡み合っているわけで、それを紐解いていくことは実際問題不可能ではないかと思っています。

例えば、直近の例を考えると、リスク志向の動きが意識されやすいといった状況かと思いますが、米国の経済指標を見る限りでは息切れ感が意識されるでしょう。しかし、寒波の影響だといって米株は上昇しています。一方で、米株の上昇が米国債利回りの上昇をサポートしていますが、ドルに関してはそこまで買われているといった雰囲気はありません。逆に対ユーロでは軟調地合いとなることもしばしばです。そのユーロにおいては利下げ観測が出るなど、通貨としては売られやすい方向に出てもおかしくない状況です。にも関わらず、ドルに対して堅調地合いとなっています。

では、こういった動きを整合的に解説することが出来るのか、というとかなり難しい所です。もちろん、しようと思えば出来ますし、それで相場をウォッチすることも可能です。ただ、テクニカルと比べるとかなり困難ではあると思います。

にも関わらず、どうしてファンダメンタルズの話をするのか、という点はアナリストの方との話でも結論は出ているのですが、それを言ってしまうと本当に身も蓋もない話になってしまうので、ここではやめておきます。
スポンサーサイト

コメント

で、大塚氏は実トレードで稼いでいるのですか?

どっかの番組で、RSIだかRCIがどうのこうのと
相場見通しを言っているけど、貴殿の相場見通しで実際に
稼いでいるの?。

ほんと、実際に稼いでいるかを知りたいです。

稼げているなら、先週の見通しに対して今週はこうなったと
報告すべきじゃないの??

実トレードで稼げていないのに、相場見通しを言うなんて
恥知らずだよね。そう思わない?。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

良いですね~。
こういう話は大好きです。
2週間前から日経平均はとりあえず「先物主導」といっておけば良くて、アメリカの指標が悪くても「寒波」から「悪天候」に変わるだけでしょうか(笑”

~上記のコメントを書かれた方へ~
大塚さんはJFXさんのリアルトレードバトルに出られていますので、その時に実際にトレードをされています。

動画を見られてはどうでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |