プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

日本株

日本株がかなり振らされています。今日は30円安程度で引けましたが、高安の差が300円を超えています。一時は15000円台を回復か?と思わせてのふるい落としとなっただけに、かなりきつい動きということが出来るでしょう。米株の動向などを考えればここまで動くというのもなんとも解せないところではあります。もちろん、円高が進んだということは頭には入れておかねばならないところですが、それにしても1円円高が進んだ、というわけでもありません。よくわからない状況ではありますが、取り敢えず引けにかけて押し戻せてよかった、ということになるのでしょうか?

日本株に関しては、海外勢がかなり手を引いてきているということは言われています。もちろん、海外勢は重要なプレーヤーですが、それに振り回されすぎるのもまた問題ということが言えるのかもしれません。アベノミクス相場が現状では一服していますし、これから消費税の問題を抱えているということになれば、少なくとも一時的には利益確定の動きに走りたい局面ではあるでしょう。問題はその流れがどこまで続くのか、といった点です。目先は方向感が見えにくいところではありますが、ドル円に関しては底堅い動きが意識されてきています。であれば、日経平均も支えられやすくはなっていくものと思われます。そうした状況下で、持ち直すことが出来るかどうかは注目です。

とは言え、やはり米国株の動向は気がかりです。個人的には依然として懐疑的な見方をしながら、とは言え売りを推奨することも出来ない、といったところです。下げだしたら大きくなるだろう、といった漠然とした予想になってしまう所です。きっかけが掴みにくい所ですが、悪材料はだいぶ揃ってきています。これが相場において意識されるようになってきたら危険でしょう。現状は完全にスルーされていますからね。調整が入りだしてから改めて意識されるようになると、意外としつこいかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |