プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

イエレン新議長の議会証言が行われていますが、ドル円は一時乱高下したものの、行って来いの動きとなっており、方向感自体は見えにくい状況です。副議長からの持ち上がりであり、これまでの流れの継続が意識され、新味はないといった判断がなされているようです。ただ、米株は堅調地合いとなっており、経済の先行きに対する警戒感は和らいでいるようにも見える状況です。

そうした中で、雇用に関する証言に注目していましたが、「失業率のみに焦点を当てることはない」と言った発言をしています。これに関してもそれほど驚くべき発言ではありません。ただ、「フォワードガイダンスに依存」とも言っており、なかなか苦しい状況ではあります。問題はインフレということになるでしょう。これが思った以上に早く上昇することになれば、市場には一気に警戒感が広がるでしょう。とは言え、インフレが急上昇といった状況も想定しにくいところではありますが。

QEの縮小中断する場合についても発言がありますが、FOMCの見通しが大幅に変化した場合、といった発言となっています。取り敢えずはQE縮小を粛々と行う、という認識で良いのではないか、と見ています。ドルの堅調もそういった想定のもとで進んでいるように見えます。その一方で、低金利政策自体は長期間に渡り継続、といったことなのでしょう。

イエレン新議長は副議長からの持ち上がりであり、継続性という点では期待が持てる所です。そういった意味で考えると、今回の新味のなさは相場の撹乱要因にならなかったという観点からすれば良かったのかもしれません。ただ、前回のテーパリングが誤りだった、という認識が市場でされた場合は、その継続性が問題となりうるでしょう。今のところは無難な流れとなっているように見えますが、依然として警戒感は拭えないのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |