プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

東京都知事選

昨日のツイッターで少し書いていたことですが、東京都知事選が経済にもそれなりの影響を与えそうなので、今回はそれについて書いてみようと思っています。

東京都知事選が俄然注目を浴び、その後はなんとなく間延びしている感じがしなくもないのですが、今回は原発がメインテーマになるという、なぜ都知事選で?といった印象を持たざるをえない状況にあることは事実です。小泉劇場と言われた郵政民営化のデジャビュということになるのかもしれませんが、ここで議論すべき問題なのかどうかは一度考えてみたほうがいいような気もします。

ただ、ここではその点について深く突っ込むことはしません。それ以上に市場に与える影響が大きそうな選挙になってしまったことは否めません。原発の問題は即電力の問題に繋がるものであり、アベノミクスにも影響を与えるものとして意識されている状況です。である以上、これがどういった展開を見せるのかで株価や為替相場にもインパクトを与えるということになるわけです。

特に海外勢からすれば、誰が東京都知事になろうともそれほど関係はありませんし、違いがそこまで良くはわからないのではないでしょうか。ただ、論点が明確と言いますか、わかりやすくなった感じがあり、その意味で誰が勝つか、もしくは勝ちそうか、といった調査などに一喜一憂する展開となるでしょう。東京都知事選でそういったことが起こるというのも違和感がありますが、こうなってしまった以上仕方ないでしょう。

いい悪いは別として、海外勢からすれば、原発反対派が勝つということはアベノミクスの先行きに対する警戒感が生まれ、ネガティブインパクトといったところでしょうか。政府としては東京都知事選で国策が変更になるなどありえない、というスタンスを取るとは思いますが、市場はそうはとらえないでしょう。そもそも脱原発ということになれば、確かに東京オリンピックに対する懸念が強まります。とは言え、脱原発派が勝った場合はオリンピックを返上、などといった発言もいかがなものかと思いますが、これもここで議論するものではありません。

いずれにせよ、海外勢の影響が大きいことを考えると、日本株だけを取り上げるのであれば、現政権よりの候補が勝ったほうが良い、という結論にはなりそうです。問題は株だけではないので、現政権よりの候補者が勝ったほうが良い、ということを言っているわけではないので、その点は誤解なきよう。とは言え、原発のような重要な問題を首都とはいえ、都知事選でやるというのもいかがなものでしょうね。埼玉に住んでいる私などの意見は関係ないということになるんですけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |