プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

落ち着き?

取り敢えず、先週の雇用統計を通過したことで、まずは一山越えたといったところでしょうか。もちろん、来週にはFOMCが控えていることもあり、油断はできないところではありますが、年末に向けての動きであり、ファンドなども休みに入っているものもありそうで、そう考えると方向感の見えにくい状況ということができるでしょう。とは言え、年内のテーパリングに対する思惑が高まれば、それ相応の反応が見られるでしょうし、相場が荒れることも考えられます。ただ、目先は重要な経済指標も少なく、その意味で様子見ムードが高まりやすい局面にあるといえるでしょう。今週の週末辺りから動き出すイメージでしょうか。

それにしてもリスク志向の動きが強く、ダウは16000ドルを意識しての動きが継続しています。いつ調整が入ってもおかしくはないと思っていますが、まさか先週の動きで調整が終了ということはあるのでしょうか。個人的にはあってもおかしくはないと思っていますが、これもやはり来週のFOMCで流れが決まるということになるでしょう。

おそらくここからは何が起こっても結局はFOMC次第ということになるのでしょう。ここ最近は中銀の動きが相場に与える影響が大きすぎて、あまり望ましい状況とはいえないところだったのですが、まだしばらくはそういった動きが続きそうです。FRBやECBがどうにもぶれているような気がして仕方ないのですが、過去に例のない事をやっているのであり、ある程度はやむをえないところなのかもしれません。その意味で、柔軟な対応が望まれる所です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |