プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

103円突破

ドル円が103円を突破する動きとなっています。日銀消息筋の、来年4月の消費増税による景気腰折れ回避のため、政府がまとめた経済対策の素案がわかり、その一環として日銀がさらなる景気刺激策を検討、といった報道が出ています。さすがに日銀としても消費税増税に備える必要に迫られている、といったところでしょうか。ただ、それにより円安になり、物価上昇による消費減が意識されかねない、と言うのはある意味皮肉かもしれませんが、一時的なインパクトは意外と大きいかもしれません。状況としてはあまりよろしくないところかもしれません。

その意味で、株価の地合いは重要な要素かもしれません。円安を背景とした株高が継続するのかどうか、といったところに注目でしょう。現状は円安だけでなく、世界的な株高も好感されている状況ですが、この辺りで大きく伸びてこないと、消費税増税に向けての売りが意識された時に危険でしょう。その頃は米国もテーパリングが実施、もしくは意識されているものと思われるだけに、状況がさらに悪化しかねないところです。

現状では米経済は指標を見る限り堅調です。これがテーパリングで一時的な失速はあっても堅調な動きを維持することができるのか、といったところでしょう。テーパリングで底割れ、といった動きは現状では想定しにくいものではありますが、いかんせん、かなりの高値水準であり、調整の動きと相まって下落といった展開になったら、少し怖さはあるところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |