プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米国債利回り

ここに来て米国債利回りが上昇しての動きとなっています。7年債入札の倍率が2009年来で最低となったことで、需給の弱さが意識され、債券に対する売り圧力が強まっています。債券利回りが大きく上昇ということになれば、ドルに対する買い圧力が高まることが予想されるところです。ただ、ユーロはマイナス金利に対する思惑が低下しており、ユーロドルが急激に下落ということにもなりにくくなっている状況です。

となると、そのあおりを受けるのはドル円ということになるのでしょうか。急激な円安が起こることによる物価高などを警戒する論調が出てきていますが、目先は円安による株高というのを目指しており、またインフレを上げることに躍起になっている状況ですから、それはそれで問題なしということになるのかもしれません。個人的には物価高は望むところではないのですが、それにより経済が好転するのであれば、それはそれでやむを得ない、といったところではないかと思っています。問題は本当に景気が好転するかどうか、と言ったところではあるのですが。

そう考えると、インフレが円安によってもたらされた場合はやはり危険をはらむということになるのでしょうか。円安により輸出が増えるのであれば、問題にはならないかもしれませんが、海外移転などを推し進めてきただけに、すぐに状況が好転するかとなると難しいところもありそうです。となると、現状の円安はやや速度が早過ぎるのではないか、と言った懸念も生じます。結果的に上手く回ってくれればいいんですが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |