プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円の100円

ドル円が100円を意識しての動きとなっていますが、100円をうわ抜けた割にはそこから重く、再度割り込んだ割にはそこから堅く、といった展開となっています。テクニカル的には100円突破自体が驚きだったのですが、ここに来てやや天井打ち感があることも事実です。ただ、ここまで下値の堅い状況下で、どこまで下値を追うのか、といった点は不透明といいますか、そこまでの下値追いはないのではないか、と思ってしまうところでもあります。

問題は上昇となった時かな、とは思っています。というのも月足でみると、調整が入らない場合は107円上の水準が見えてくる状況にあるということがあります。現状ではまだ下値余地もあるのですが、入るポイントによっては10円近くとれるのではないか、と思うところでもあります。どこまで引き付けるのかが問題となってきそうですが、個人的にはまだ下値余地があるのではないかと見ています。その一方で、下落の仕方によってはその後の戻しが抑えられる状況となってしまうため、なかなか判断が難しいところでもあります。

ただ、今回のドル円の100円は意外とあっさりと突破しましたし、下抜けもあっさりとしたものでした。そう考えると、どの程度この100円の節目を意識したらいいのか、といったところに疑問が残るところです。こういった状況が継続するとなると、じり高・じり安といった形で100円を挟んでの動きとなってもおかしくはありません。レンジがやや上方にずれただけで、方向感そのものは見えにくい、といった展開も頭の片隅には入れておいたほうがいいかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |