プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

11月になり

11月になりましたが、目先はドルに対する買戻しの動きが継続されている状況です。今日はポンドに対する売り圧力が強まりましたが、ユーロに対する売り圧力も強く、反射的にドルが買われている、といったところでしょうか。さらに米国債利回りが上昇しています。QEに対する思惑から、債券の方向感はどうにも見えにくくて個人的に困っています。

ダウもかなり強かったのですが、現状は上値を抑えられています。ダウはもっと下げても良いかなとは思っていますが、個別株に対する物色もあり、下げ渋っている状況です。ドル円にしてもそうなのですが、ストップを巻き込んでの動きとなった場合が怖いところです。つまり、ここまで下げてきたら買いが入っていたわけですが、それを突き破って下落ということになれば、一気に下げ足を早めるのではないか、と思っています。多少、ポジショントークもあるのですが、警戒をしておいたほうが良いとは思っています。

そういえば、来週から北米は夏時間が終了するわけですが、指標は大体1時間遅くなります。株式市場もずれます。これによる影響はそこまではないかと思いますが、雇用統計ナイトなどは結構大変かもしれませんね。私にはあまり関係ないかもしれませんが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |