プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

荒い動きへ

どうにも荒い動きです。雇用統計後の動きが急激な円高になり、そこに修正が入り、といった状況で、特に円に対する調整の動きが意識されているようです。ただ、ドル円の動きを見る限りでは意外と底堅いところです。そうはいってもテクニカル的には下値余地がありそうです。問題は下値支持帯を抜けてさらに下値を追う動きとなるかどうかと言ったところでしょう。ドルインデックスなどを見ると、下値余地がそれほどあるようにも見えませんが、QE縮小が延期される可能性が高まる中で、ドルに対する売りが強まってもおかしくありません。そもそも、米国の状況が波乱含みです。株価の大きな調整が入った場合は、為替相場においても調整の動きが強まってくるでしょう。

状況は思った以上に予断を許さないところにあるのではないか、と思う一方で、日本の政策に対する期待感から円高が進まないと言ったところもあるでしょう。ただ、ここにも問題があり、オリンピック決定し、材料が出尽くしてきているようにも見えるところです。消費税増税などもあり、円安が進むかどうかといったところは不透明です。ファンダメンタルズ的には底堅い動きをするのではないかと思っていますが、一時的には調整が出やすい局面になっているのではないかと見ています。そうした動きと中国の動向が相まっての先日の円高だったのではないかと見ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |