プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

イエレン議長

バーナンキFRB議長の公認はイエレン副議長、といった報道が流れています。まぁ、これに関しては特段驚くことでもないのですが、バーナンキ議長の続投やら色々と取り沙汰されていただけに、取り敢えずの決定がなされたことは好感すべき状況ということになるのでしょう。不透明感が和らいだ、とのことでドルに対する買い圧力が強まっています。

・・・ドルに対する買い圧力、ですか。ハト派と言われるイエレン議長の誕生の可能性が高まってドル高、という流れははっきりと言ってしまえばよくわからないのですが、落ち着いてくれば修正されてくるものなのでしょうか。ここからの動きを考えると、金融政策の継続が意識されるところであり、バーナンキ議長がテーパリングを丸投げする可能性があるのかどうか、といったところには注意が必要かと思っています。とは言え、現状の予想としては12月のテーパリングが一番有力では、と思っています。

それにしてもイエレン議長が誕生となれば、米国で初の女性議長です。オバマ大統領だからこそ出来た人事だったのかもしれませんね。まぁ、それはさておき、問題はイエレン氏の政治力といいますか、リーダーシップがどの程度かといったところに注目が集まることになりそうです。その意味で、序盤に出口戦略という大きな問題を抱えているということは、その力を試す上ではいいことかもしれませんが、仮に統率に失敗ということになれば、その後の運営に支障をきたすことになるでしょう。ハト派の最右翼とも言う人がいますが、現状はそう簡単ではありません。上手く調整できるかどうか、FOMCだけでなく、もめている議会や大統領などとも上手く距離感を保つ必要があります。その意味で、厳しいタイミングでの就任ということになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

来週は出演されないのですね。残念。

TararebaFX毎週楽しみにしています。テクニカルの部分は何度も何度も繰り返してみています。
来週はお休みとのこと。とても残念です。ガッカリ。。。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |