プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

心穏やかに?

今日は雇用統計が発表されませんでした。最近は雇用統計に際して動画を配信する所が急増していますが、今回は完全に肩透かしを食った格好です。まぁ、仕方ないですね。そうした中で、『第1回雇用統計ナイヨ』というセミナーにはクスッとさせていただきましたが、第2回がないことを祈るのみですね。今回の雇用統計がいつ発表されるのかはわかりませんが、それまでは取り敢えず心穏やか、と言ったところでしょうか。ただ、議会の動向が見えにくく、先行き不透明であることに変わりはありません。である以上、心穏やかとはいかないところですね。

米財務省の現金の残高は24日までにゼロになる可能性が指摘されています。財務相は10月末までは辛うじてやっていける、といったことを述べているようですが、仮に10月末までと言った話になってくると、FOMCと被ってきます。そこまでになんと解決しないと、どんどん状況がわけのわからない状況となってきます。17日のインフレ連動債の入札詳細発表と24日の入札実施が延期される可能性も、と言った話もあります。また、2・5・7年債の入札も延期される可能性も指摘されています。なんか、本当に大丈夫なのかと心配になってきます。オバマケアに対する反対から、話が好転する方向性がなかなか見えてきません。短期で解決するという思惑もありましたが、意外と長引くのでは、と思わせる状況です。こうなると、リスク回避的な動きが急激に強まって、ダウが下げ幅を拡大する可能性も見ておいたほうが良さそうです。そうなった場合の為替の動向も怖いところです。年末に向けて円高が意外と進む展開も頭に入れておいたほうがいいかもしれません。個人的には望むところなんですが、さてどうなりますか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |