プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

動き荒いが

日経平均株価は一時200円以上の下落となり、現状では150円安水準での動きとなっています。ダウがじりじりと下げる中で、日本株の下げは大きなものとなっています。円高進行なども意識されているだけに、ある程度はやむをえないところではありますが、先々の展開を考えると、警戒感が出てくることもまた事実でしょう。環境としては、FOMCでQE縮小が延長され、東京オリンピックが決まり、などといったように、悪くはないのですが、調整の動きが長引くようなことになると、悪材料に反応しやすくなってくることも考えられるだけに、注意はしておいたほうがいいかもしれません。

とは言え、個人的には多少の調整が入ったほうが良いのでは、と思っています。特にダウは最高値更新と言った動きになっているわけですし、利益確定の動きがしっかりと入ることで、次の展開へと結びつくのではないかと思っています。にも関わらず、現状のダウは下げてはいますが、下値も堅いといった状況になっているように見えます。一応、5日続落とはなっていますが、また200ドル超の上昇などといった展開で一気に巻き戻すのでは、といった所にあることも事実です。週末にかけての動きであるだけに、その点は意識しておかねばならないでしょう。

米国債利回りがじりじりと下げてはきていますが、それでもなお2.6%台半ばでの動きです。住宅に駆け込み需要がある、と言った話もあるだけに、先行きの警戒感は拭えませんが、状況としては12月にテーパリングを行うのでは、と言った見方をしています。そうした中で、市場がどういった動きをするのか、なかなか難しいところとなっているように思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |