プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

いつの間に

以前に手のひらをくるっと返して円高から円安へと見方を変えましたが、現状はいつのまにか円高進行を見込んでいる状況です。そのタイミングがよくわからないのですが、まだドル円などでは下値余地ありと見ています。最大で94円前後の水準を意識するのでは、といった見方をしています。この辺りは若干迷っている所でもあり、現状の水準から買い下がることができるのであれば、それがいいようにも思いますが、さすがに300pips以上の下落であり、そう考えるとその方法もまたどうかな、と思う所ではあります。本当に現状の対応が難しい所です。重要イベントを控えて様子見ムードが広がっていますが、これは市場にエネルギーを蓄積しているということもできるでしょう。

そして、今週はそのエネルギーを一気に放出させることができるイベントが揃っています。個人的にはQEの縮小観測の後退なども見込んでいるところですが、どちらの結論も十分にありえるだけに、予断を許さない状況であることは事実です。GDP、雇用統計を受けて、米国経済の状況が思ったよりも悪いということになれば、緩和策の継続が意識されることになりそうですが、そうなった時に相場はどういった動きをするのか、というところには注意しておきたいところです。

今回も指標そのものの数値はもちろん重要なのですが、その数値により中銀がどういった動きをするのか、といったところを市場は意識しているので、そこに対する考えを意識して考えていく必要がありそうです。組み合わせとしては、株高とドル安、株安とドル高がペアになりそうです。個人的には株高ドル安の流れになりそうな気もしますが、そもそもダウは最高値圏付近での動きですので、このあたりのことについて考えると、ちょっと複雑ではありますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |