プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

最高値

ダウが最高値を更新しているわけですが、高値警戒感も意識されての動きであり、ここからさらに上値を追うことができるのか、という点には色々と見方がありそうです。企業業績は比較的堅調に思われますが、アップルが予想に届かない、などといったところもあり、実際の米経済はどの程度のものなのか、といったところでしょう。問題は主要株のみ上昇し、S&P500などが抑えられてくるといった展開となってくると危険でしょう。一時的には調整が入ってもおかしくはないのですが、QEの時期に対する見方が再び割れる中で、どうにも判断がしにくい状況であることは事実です。そう考えると、バーナンキ議長の発言は問題が多いことは事実でしょう。市場は明らかに動揺しており、そうした中で、都合いのいい解釈をしているように思われます。米株が最高値を更新し、原油価格や金価格の上昇、米国債利回りの上値が抑えられている点など、どうにも出来すぎているように思われます。

そういった中で、仮に調整が入ると、一気に動きが増幅される可能性が高まるのではないかと懸念しています。投げが投げを呼ぶ可能性もありそうですし、チキンレースが展開されているようにも思われます。そうなった場合に為替相場がどうなるのか、懸念は強まります。最終的には経済次第、というFRBの対応はある意味当然ではありますし、市場にショックを与えつつ調整する、といったことをやっているものと思われますが、あまり市場を動揺させるのも、また問題が大きい所ではあります。FRBの信認問題に発展しなければいいのですが。未曾有の緩和政策の出口は一体どこに着地するのか、本当に難しい所ですね。結局それに対応しながら相場をやっていくしかないですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |