プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

大荒れ

仕方ないとはいえ、大きく荒れる展開となり、それによってブログを書くのが遅くなってしまった。米中銀の動きを見る上で、バーナンキ議長の議会証言やベージュブックは外せない所ではあります。また、その他にも住宅関連の指標が悪化するなど、相場が揺れ動く展開となっています。ただ、ここからの動きにもよりますが、ドル円は100円回復に向けて動くのではないかと見ています。テクニカル的にはバンドの中心線で支えられ、RCI短期線が底打ちからの動きとなっています。期待感の高まる状況下ではあります。中期線が天井打ち気配を見せていることを考えると、そこまで上値を追うというのも難しそうですが、再度100円を回復し、そこから上値を多少伸ばした後で調整の売り、といった展開となるのではないかと見ています。

とはいっても、まだまだ動きの大きい展開が予想される局面であるだけに、どのタイミングで入るべきかが迷う所ではあります。ある程度のレベルで難平しながら対応していくのが無難かな、と思っていますが、それもあまり性急にやらないほうが無難です。今日みたいに思わぬ安値が出たと思ったら、急激な戻しを演じる、といった展開がまだまだ見られそうです。こういった時は危険ではありますが、ロスカットを入れるとそこをつけて再度戻していく、などという展開が普通に見られます。レンジを広く見ておかないと損切り貧乏になりやすい状況ということができるでしょう。ある程度のレンジを見て、逆張りがはまりやすいことは事実ですが、天底で入ることはかなり難しい状況です。少ない枚数で打診買いからの買い下がり、打診売からの売り上がりといったやり方のほうがはまりやすい相場に思えます。あまり無茶をする相場ではないと思いますが、売りでも買いでも待っていれば助かる相場にも思えるだけに、上手く波に乗りたいところですね。個人的には今日は波に乗りそこねましたが、資金に余裕があったので待っていたら何とかなった、というかなりラッキーな展開ではありました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |