プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

相場をやる上で、相場観を持つことは重要ですが、それに縛られてしまって身動きができなくなるのはやはり問題ということになるでしょう。長期的な分析のもとでやるのであれば、ある程度は逆に行っても見るということもあるかと思いますが、短期的に見るのであれば、相場観に縛られるべきではないのかもしれません。

ということで、直近のブログの表題がドル円の弱さ、となっていますが、ちょっと雰囲気が変わったかもしれません。ドルに対する売りの勢いが落ちている、といいますか、調整の動きが落ち着いて来ているように思われます。日足のバンドの中心線を抜ける可能性があるかと思ったのですが、下値の堅さが意識されての持ち直し局面になってきているようにみえる所です。

取り敢えず、また後ほど分析をしようかと思っていますが、取り敢えず現状はドル円の売り上がりは控えようかと思っています。ある程度上昇した際はもちろん考えますが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |