プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

線路は続くよどこまでも♪ではありませんが、米国株は上昇する展開となっています。ミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を上回ったことを背景に、買い圧力が強まっている状況です。個人消費支出は市場予想を下回っており、材料としては強弱まちまちですが、株買いの流れが継続しています。目先は多少抑えられているようですが、日本株が破壊的に下げていることを考えると、依然として落ち着いた動きとなっています。もちろん、日経平均の下げがおかしい、ということもあるでしょうし、日本株と米国株が連動していないといけないというものではないのですが、それにしてもここまでの乖離というのもすごい状況ではあります。

そもそも、米国債利回りも大きく上昇しており、不動産市場に対する懸念を強めています。米経済はここまで非常に好調であり、株価の押し上げ要因になっていることは事実ですが、本当に大丈夫なのか、懸念も残る所です。ただ、相場を崩す要因がなかなか思い浮かびにくいことも事実です。結局Sell in Mayは日本株には起きましたが、米株にはどこ吹く風、といったところでしょうか。本来は米国市場での話であったことを考えると、当てはまったとは言いがたいところではないかと思っています。まさか、今日、これから・・・?いきなり1000ドル下げるなどといった動きでもない限り、そしてそういった動きにはさすがにならないかな、とは思っています。そんなことになったら、ドル円などは一気に100円を割り込みそうで怖いところですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |