FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米株

今日は米株がダウ上昇、NASDAQ下落といった動きになっています。ダウは100ドル弱の上昇でNASDAQは100ドル弱の下落です。全体的な方向感が見えにくいところであり、判断がしにくいところです。米企業決算からは足元の米景気の堅調さが確認される一方で、先行きに関する警戒感が強まっています。米中貿易摩擦は落としどころが見えにくいところですが、米中間選挙を控えているだけに、米国がどういった対応をとるのかに注目が集まります。中東の地政学的リスクもくすぶっており、楽観はできないところではないかと思っています。

そうした中で、ダウは依然としてしっかりとした動きであり、それが逆に警戒感を高めるところではあります。下手に下げる展開となった場合は一気に下げる可能性もありそうです。アルゴリズムによりコンピューターが同時に売るといった場面があることは以前から指摘されていますが、少しでも変な動きを見せた場合は基本は様子見に徹したほうが良いようです。その後は押し戻すことも多いので、そういった場面を逃さないほうがリスクは小さいようにも思います。とはいえ、先行きに対する警戒感が高まる局面での急落といった動きであれば、一気に崩れる可能性も頭の片隅に入れておき、撤退のポイントは外さないようにしたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |