FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

「中国、米製品106品目に対し新たな関税発表 輸入規模500億ドル相当」といった報道がされています。大豆、自動車、化学製品、一部航空機、トウモロコシ製品など農産物を含む米製品が対象とのことですが、共和との支持基盤に向けてのものということができそうです。非常にうまいといいますか、よく考えられている対抗措置となっています。まぁ、当然と言えば当然ですが・・・。

今回の中国の対抗措置は米国の対応待ちということのようですが、中国がここまでのことをしてこないのではないかといった見方もあり、今回の発表は少なからず市場に驚きをもたらしたといえそうです。これらの動きを嫌気してダウは一時500ドル超の下落となるなど、警戒感が高まっています。ただ、目先はそこから急激に持ち直しているのですが、それでもやはり米中の貿易摩擦に対する思惑は相場に対する影響が大きく、今後も目が離せないところではあります。現状は米国にボールが返された格好となっていますが、米国としてもちょっと動きにくいところではないかと思います。とはいえ、トランプ大統領も引きにくいところであり、チキンレースの様相を呈してきているだけに懸念しているところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |