プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

レンジ圏

今日の米株は昨日の大幅安を受けて押し目買い意欲が強まっているように見えるところです。これに関しては終わってみなければ最終的にはわかりませんが、市場全体の方向感としてはどうにもつかみにくい状況といえるでしょう。米中の貿易摩擦に対する警戒感は依然としてくすぶっていますが、その一方で米経済は堅調といった見方があります。目先に関しては米中の貿易摩擦の方が材料として新鮮であり、そちらの動向に引っ張られやすいのですが、懸念が緩和されるとすぐに持ち直すところを見る限りでは、基本的な地合いは悪くないと市場は判断しているのでしょう。

こうした状況下でドル円なども動きはそこそこ出てきていますが、基本的にはレンジ圏での動きが意識されている状況ということができるでしょう。円に対する買い意欲がくすぶってはいますが、目先に関しては下げ渋っています。しばらくは様子見といった展開となるのではないでしょうか。ボリンジャーバンドのバンドの上限もしくは下限をブレイクした時は大きな動きになりそうですが、まだそのタイミングではないということなのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |