プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円は依然として上値の重い展開が継続しています。ダウは今日も上昇していますが、ドル円に関しては106円も回復できてない状況です。昨日の大幅上昇と今日の100ドル以上の上昇を背景に底堅い動きではありますが、ドル円の先行きに関してはどうにも期待しにくいところです。

金融政策で考えれば、米国は金融引き締めを行っている一方で、日本はそれを目指す動きではあるものの、実際問題としてはとても引き締めに動ける状況ではないと思っています。となると、日米の金利差は拡大こそすれ縮小することは現状ではありえない局面です。にもかかわらずドル円に関しては上値の重い展開が続いていいるわけです。その点に関してはやはり違和感を覚えるところではあります。

ただ、様々な要因があるかと思いますが、いずれにしてもドル円の上値が重いことは事実であり、基本的には売り目線で見ていくしかないような状況であることは事実でしょう。米中の貿易摩擦に対する警戒感が払しょくされ、米株が上昇基調を再開ということになれば、また話は変わってくるかもしれませんが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |