FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

議会証言

パウエルFRB議長が議会証言を行っていますが、年内の利上げの回数が増えるかもしれない、まずは3月の利上げの可能性が高まっている、といった雰囲気になっています。ややタカ派的な感じは確かに受けますが、そこまで驚くべき発言をしている感じにも見えません。ただ、相場に関してはドルに対する買戻しの動きが強まり、米国債利回りも上昇、株価は軟調といった動きです。まずは議長の議会発言をまってといった動きをしていたので、この辺りは仕方ないところかと思いますが、そこまで大きな動きになっているわけではないのは、市場としてもそこまで意外ではないとの思惑があるのではないでしょうか。

となると、ここからは経済指標などに注目しつつ方向感を探るといった展開となりそうです。ただ、米国の金融政策の先行きから考えると、ドルはある一定のところでは下げ渋ってくるのではないかとみています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |