FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

さて、ドル円が113円台を回復しての動きです。今日の米国市場は少しわかりにくい状況であることは事実です。調整の動きが強まっており、各市場があまり関連性なく動いているといったところです。米株は小幅に下落しており、その一方で米国債利回りは大幅に上昇し、10年債利回りは2.4%台を回復しています。かと思えばドルは軟調地合いです。

まぁ、ドルに関していえばユーロに対する買い意欲が強まっていることで反射的にドル指数の上値が抑えらえれる展開であり、米国債利回りはここまでの動きで上値が抑えられており、来年の3回の利上げとの思惑から特に長期債に対する売り意欲が強まりやすいところとなっています。ダウに関しては言わずもがな、上げ過ぎとの思惑から調整の動きがいつ入ってもおかしくはない状況ということなのでしょう。それでもそこまで売り圧力は強まっておらず、底堅い動きであることを考えると、基本的な流れとしてはリスク志向の動きということになるのでしょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |