FC2ブログ

プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

インフレ

FEDが重視しているCPIのコア指数が予想を下回ったことでドルに対する売り圧力が強まっています。今日のFOMCでまさか利上げが行われないなどというこはないと思いますが、先行きに対する思惑などもあってドル売りが意識されているのでしょう。イエレン議長の話もありますし、そこでインフレに対する警戒感を強めてくれば来年の金融政策に対する思惑などに変化が生じる可能性もあるということでしょう。

とはいえ、現状においてそこまでインフレは高まっていくのか、という点は疑問に思うところではあります。株価は史上最高値圏での動きであり、雇用環境も良好なアメリカにおいてもインフレはFEDにとって警戒すべきものとなっていますが、物価はそこまで上がらないという認識があってもいいのではないかとも思っています。経済学的にはそういうわけにはいかないのでしょうけど。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |