プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米国の6月の個人消費が失速といった展開となり、米国のGDPにも悪影響を与えそうだといった話が出ています。個人所得に関してはほぼ変わらずとなっています。配当支払いの減少が原因と言われていますが、いずれにせよ先行きに対する警戒感が強まりやすい状況ということができるでしょう。ただでさえ現状は年内の利上げに対する見方が後退している状況であり、こういった指標が続けば、市場にも懸念が強まるでしょうし、リスク回避的な動きが強まることも考えられます。

しかし、現状においてはダウはしっかりとした動きを継続しており、リスク回避的な動きが強まるといった雰囲気には見えません。もちろん、年内の利上げ観測が後退することでダウなどには買い圧力が加わることは事実ですし、米政権の先行きに対する懸念が後退したことも好感されるでしょう。ただ、市場の雰囲気はなんとなく警戒感が強まってきているようにも見えるところです。ダウに関しても一時的には急落といった展開も頭の片隅には入れておいた方が良いようにも思えます。ただ、そこが買い場となる可能性も高そうですが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |