プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米雇用統計

米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想を上回った一方、失業率が市場予想より悪い結果となり、市場の反応としては米株高、ドル円は114円台に突入といった動きになっています。FRB金融政策報告なども好感されたようですが、基本的にはやはり米国の労働市場の堅調さが好感されたということになるでしょう。ADPで雇用に対する警戒感が高まっていただけに、その反動もそれなりに大きいということになっているのではないでしょうか。

それにしてもダウの動きは凄いですね。年内に利上げがまだ予定されている状況ですが、それをものともしない動きです。確かに、ここ最近はハイテク株の軟調が足を引っ張っており、NASDAQも上値の重さが意識されていますが、ここまで強いとFEDとしても金融政策を変更しやすいことは事実でしょう。なんだかんだ言われていますが、やはり米経済は堅調と見るべきではないかと思っています。雇用に関しても、数値は表面上だけといった見方もありますが、個人的にはそういった見方をする意味はあまりないと思っています。もちろん、頭の片隅に入れておく必要はありますが、例えば、今回の非農業部門雇用者数がこんなにいいわけがない、といくら言っても相場はリスク志向の動きを強めて動いているわけですからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |