プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

OPECと非加盟産油国が9か月の減産延長を決定しましたが、今日の原油価格は2ドル前後の下落で50ドルを割り込んでいます。噂で買って真実で売るというのはよく言われている話ですが、流れはそんな感じになっています。以前は増産をしても価格が上がった時代があったのですが、今は減産をしても価格は上がらない(そこまで下がっているわけでもないのですが)といった状況になっていますね。

仮に減産を行っても価格が上昇しないということになれば、産油国はこっそりと増産するようになるでしょう。財政的な問題もあり、背に腹は代えられないといったところではないでしょうか。そうなると、さらに価格は下がっていくといった展開になりかねず、産業の面では下支え要員となるのでしょうけど、世界全体的な経済で見るとそれはそれでリスクがあるといったところではないでしょうか。原油価格があまりに下げてくると株価にも影響しますし、地政学的リスクが高まる可能性もありそうですからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |