プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

動き鈍い

今日のNY時間帯は全体的には動きの鈍い状況ということができるでしょうか。欧州時間帯にポンドなどに動きがありましたが、ここにきて落ち着いた動きです。ダウは軟調地合いですが、そこまで大きな動きにはなっておらず、手掛かり材料難といったところでしょうか。新規失業保険申請件数などを見る限りでは、米国の労働市場に懸念は少ないですし、利上げに関しても6月の可能性が高まってきているように思われます。市場も早期利上げを織り込みつつの展開となるわけで、多少米株の上値が重くなるというのはやむを得ないところでしょう。

逆に言えば、この程度で済んでいるということも出来るかと思います。ダウは2万ドルを上回っての推移ですし、依然として史上最高値圏にあることは事実です。こういった動きを受けて調整の動きが大きなものとなるのではないかといった意見もありますが、よほど突発的な大きな出来事、それこそリーマン級のことでも起きない限りはなかなか難しいのではないかと思っています。数値的には米経済は堅調ですからね。非農業部門雇用者数がマイナスに転じるなどといったインパクトがないと、急激な調整も入りにくいのではないかと思っています。まぁ、警戒感が上値を抑えることで動きが鈍くなっているようにも思いますが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |