プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

FOMC

14日から二日間の日程でFOMCが開催されるわけですが、とりあえず米雇用統計も良かったことですし、利上げに関しては既定路線にも思えるところです。去年はやるやる詐欺のような、利上げをするぞするぞと思わせてなかなかしなかったわけですが、今年は非常にスムーズに感じられる状況ではあります。これに関してはトランプ政権との絡みもあるのではないかとみていますが、それに関しては前にも指摘していることですのでここでは述べません。

仮に、今回予想通りの利上げということになれば、株式市場には本来的にはマイナスの要因ではあります。とはいえ、市場はかなりの程度織り込んでいることもあり、実際問題としてそこまで下落するかというと疑問に思っているところです。また、仮に1000ドル下落しても20000ドルを少し割り込む程度です。そういったことを考えると、ここまでの上昇がかなりのものであるということができるでしょう。なんだかんだでトランプ政権に対する市場の期待感は高く、その点の評価は誤るべきではないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |