プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円の下落

ドル円の上値は依然として重いといった雰囲気ですが、とりあえず週足で見る限りでは上値を追うのではないかとみています。120円は何とも微妙な局面であり、前回高値の118円台の水準がポイントになりそう、といったことはおとといの動画で指摘した水準です。今週は調整の動きが入りやすいと日足で分析しましたが、中長期的にはまだ上値を見込めるとみています。

ただ、ドル円に関しては根強い円高派が多いことも事実です。特にトランプ政権のドル安政策に対する警戒感は根強い感じでしょうか。ただ、それにかんしてお世話になっているMarketWinさんのコラムで、『日米首脳会談で米国のインフラ投資に対する援助などの見返りに円安批判の余地を与えない日米「成長雇用イニシアチブ」確立のウィン・ウィン関係構築を大統領が受け入れており、(中略)これらメニューは4月から始まる「日米経済対話」で具体化されていくが、かかる巨大対米投資の傍らで円安批判や貿易摩擦は杞憂に過ぎない』と述べています。このコラムはこの先もいろいろと面白いことを書いているので、機会があれば読んでみていただきたいのですが(FX会社の情報に入れているところも多いので、調べてみてください)、そう考えると、円高要因の大きな一つは消失するわけですが、どうでしょうね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |