プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円の上値がどうにも重い展開ですね。個人的にはドル円が下落する理由というのはあまり根拠がないのではないかと思っていますが、特に東京時間帯の流れは悪く、上げ渋るのは仕方ないかなといった感じで見ています。

つまり、ドル円に関してはきっかけがあれば上昇していくのではないかとみているものの、現状の市場の雰囲気がそういった流れになっていないといった状況です。もちろん、トランプ大統領がドル高に対して何らかの手を打ってくる可能性など、ドル円が下落する根拠が全くないわけではありません。しかし、米国の利上げに対する思惑はかなりの程度強まっており、さらには米株は2万ドルを超えてさらに上値を拡大している、つまりリスク志向の動きが強まっているわけです。こうした中でのドル円の上値の重さというのは、あまり納得できないといったところではあります。ただ、結局相場はそういった雰囲気でも動くものですし、目先はトランプ大統領の動きを見極めたい局面であることも事実で、積極的にドル円を買うというもリスクが大きいという思惑も理解できるところであり、ドル円がしばらくは上げ渋るのもやむ無しかな、といった感じで見ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |