プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

サウジの減産

『サウジアラビアが8年ぶりの大幅減産、合意規模を上回る』といったニュースが入っています。13日に公表したOPECの月報によれば、1月の産油量は日量974.8万バレルで、前月の水準を71.76万バレル下回ったということです。

サウジアラビアの動向に関してはかなり注目していたところではありましたが、まずは自分から率先して減産に踏み切ったということでしょう。合意をしておいていきなり順守するつもりがないということになれば、相場が一気に崩れることにもなりかねず、それを警戒してのことと思います。

ただ、目先は底堅い動きを見せているだけに問題は表面化しませんが、上値の重い展開となり、財政面での苦境が継続ということになった場合はどういった対応を見せるかわかりません。そのあたりはOPEC加盟国の中でもチキンレースのような感じなのかもしれません。さらなる減産に踏み切るのか、こっそり増産するのか・・・後者になりそうで、警戒しているところではあります。

原油価格は高すぎても安すぎても問題をはらみます。個人的にはもう少し上昇しても経済的には問題ないかと思いますが、逆にこの水準から下げ幅を拡大ということになると、ちょっと問題が大きくなりかねないかなとは思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |