プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

かなり強烈な相場状況となってきています。トランプ大統領の発言で急激なドル安が進行し、ドル円は112円を割り込む勢いで下落しました。目先はそこから70銭近く押し戻しており、やや落ち着きを取り戻してきているように思われるところです。まぁ、わかっていたことですが、今回の大統領はこれまでにあまりお目にかかったことのない大統領ですので、市場も右往左往しているように思われます。こういった動きに関しては長くは続かないとは思っていますが、日本の金融当局などが過剰に反応すると今後の展開としては望ましくない格好となるのではないかと懸念しているところではあります。こういった口先での介入に効果があると思わせることはあまり得策ではないかと思っています。

トランプ政権は敵を作ることによって味方を増やすといった傾向を感じるところです。さらに、強さを前面に出しているとも言えるでしょう。その点はプーチン大統領にも類似するところがあるのではないかと思っています。こういったやり方が果たしてうまくいくのか、もう少し様子を見る必要はあるでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |