プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

トランプ相場が継続しているというべきなのでしょうか?トランプ大統領が米入国制限の大統領令に署名したことで、内外から非難や懸念が相次ぎ、今後の政権運営に支障が出るのではないかといった思惑から、米株は大幅に下落しています。これに関してはどうもやり方が良くなかったためということも出来そうで、今後の流れに注目する必要はありそうです。そもそもトランプ大統領は選挙戦時からこういった考え方を持っていたわけで、いまさらこれに対する非難や懸念というのも少し違う気がします。

もちろん、この政策が良い政策かどうかという点は人それぞれ考えがあるでしょうし、それに関しては私はここでは個人的な意見は述べません。現状ではこの政策は維持されるでしょうし、保護貿易的な流れは意識されるでしょう。保護貿易的な流れが維持されることで、リスク回避的な動きが強まる可能性はあります。ただ、それにしても大統領選挙時からわかっていたことであり、ここまで上昇させておいて、いまさら?という気がしないでもありません。とはいえ、それが相場ですので、今のところはその流れに乗っかっておくしかないかもしれませんね。ただ、米経済に関してはGDPが鈍化していたものの企業決算などはおおむね好調ですし、ダウはしっかりとした動きになりやすい局面ではあると思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |