プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ここにきて地政学的リスクの高まりが意識されるようになってきています。相場は比較的落ち着いており、今後の流れを見極めたいといったところかと思いますが、対処方法を誤ると相場においてもそうですし、世界経済にとっても危うい状況が生まれかねない局面になっているようにも思われます。意識していないところから戦争の火種は生まれるものだと思っており、本当にきな臭い局面が生まれてしまっていることを危惧しているところです。

一番懸念しているのはトルコでの駐ロシア大使が銃撃されて死亡したというニュースです。ベルリンでのクリスマス市に大型トラックが突っ込むという事件は確かに痛ましい事件ではありますが、これが原因で大きな戦争が起こるという事態は想定していません。ただ、移民排斥につながる可能性を秘めているようにも思われ、英国のEU離脱と絡めて考えると、途端に大きな問題に映ってしまうのも事実です。

大山鳴動して鼠一匹ということわざもありますが、注意しておくに越したことはないでしょう。私も大事にならなければいいとは思っていますが、その可能性を頭の片隅に入れておく必要がある事態であることは確かかな、と思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |