プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

現状の相場は基本的には様子見といったところでしょう。原油の下げがやや大きくなっていますが、そこまで警戒すべきものでもないでしょう。50ドルは維持していますしね。ここまでの上昇に対する調整といったところでしょう。市場全体で見てもそこまで大きな動きにはなっていません。ドルに対する買いが若干意識されていますが、これもユーロやポンドに対する買戻しへの修正といったところであり、この程度では特に意識しなくてもいいでしょう。

ただ、ユーロやポンドに対する調整の動きがここから強まる可能性に関しては頭に入れておいた方が良いのかなとは思っています。ユーロに対する買戻しはイタリアの国民投票による影響がありそうですし、ポンドはEU離脱に関する思惑から揺れやすい状況となっています。こうした中でその反動が再度巻き起こってもおかしくはないところです。個人的には特にポンドの上昇には懐疑的な思いを持っています。ユーロに関してもフランスの選挙など、政治的なリスクは依然としてくすぶるでしょうし、積極的に上値を追うかどうかはしっかりと見極めたいところです。とはいえ、現状において、その動きがすぐに出るかというとそういったわけでもないのですが・・・ちょっとタイミングを見定めにくいところではあるかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |