プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

OPEC・・・

OPECが11月まで減産を先送りといった報道に失望感が高まり、原油価格は大きく下落しています。今日はとりあえず買戻しの動きが展開されていますが、ここまでの流れを考えると、50ドルが上値として意識されたということになるでしょう。もちろん、OPECが11月に減産を決定する可能性というものは十分にあるので、下値を積極的に売り込む動きというのも想定しにくいことも事実なのですが、OPECがまとまらないというのもまたいつも通りのことであり、このままの状況が続くと市場としても売り込む流れを意識せざるを得ないということになるでしょう。

この辺りはちょっとわかりにくいところではあります。政治的なものは次の瞬間に何が起こってもおかしくはありません。11月の会合で思わぬ減産がまとまる可能性も否定すべきではありません。現状でできることといえば、OPECの会合までは上値の重い展開が意識されるものと思われるので、50ドルを意識しての動きとなった場合は売り、といった程度でしょうか。OPECの減産に対する期待も根強いものと思われますので、下値は45ドル程度でしょうか。上値の重さは意識されそうですが、下値も浅いのでは?とみています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |