プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

105円に迫るも

ドル円は105円に迫るも、そこから押し戻される展開となっています。とりあえずの材料としてはダウの上値の重さということになるかと思いますが、105円付近では売りも蓄積されているといったところなのでしょう。逆に抜けると一気に上値を追う、といった展開になるかというとそれもまた難しいところなのかな?といった印象を受けるところです。

個人的には105円は到達可能とみています。特に年内の利上げ観測が意識される中、ドルに対する根強い買い意欲は残るでしょう。ただ、来年の利上げに関する発言が出てくると危険かなと思っています。現状の市場の雰囲気はまずは年内の利上げがどうか、といったところにあるかと思います。それが来年の金融政策に目が向くようになると、思うような利上げは難しいといった思惑も出てくるでしょう。そうなった場合はドルが思いのほか早い段階で失速するといった展開となりかねず、個人的には思惑から外れた動きとなってしまいかねないな、といった懸念を持っているところです。

あとは原油価格が60ドル付近まで上昇できるかどうかといったところですね。60ドル程度であれば実体経済にはそこまで影響はないものと考えており、逆に関連銘柄に対する買いから株式市場の下値を支え、年内利上げを相殺できるのではないかといった推移を考えています。この辺りはどこかが崩れると全体に影響を及ぼすものですから慎重に見ていく必要があるのですが、今のところはそういった展望ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |