プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドラギECB総裁の発言でやや乱高下した相場ですが、結局のところは落ち着いてきています。なんだかんだといいましたが、結局のところは無茶なことはしないし、現状維持といいますか、これまでの流れを継承しつつ色々な事態に対応しますよ、といった感じで拍子抜けしたといったところではないでしょうか。現状ですぐにテーパリングなどは出来ないでしょうし、織り込む必要もないでしょう。さりとてこのままではまずいといった認識もありそうです。様々な思惑が入り混じって今回のような中途半端といいますか、行って来いの動きを誘発させるような発言になってしまったのではないかと思っています。

ECBに関しては、英国のEU離脱問題が意外と影を落としているのではないかと思っています。これがどういった展開となるのかで政治的・経済的に見て大きな問題となるでしょう。一番影響を受けるのはもちろん英国ですが、EUももちろん大きな影響を受けるわけで、ECBとしてもその動向を固唾をのんで見守っているといったところでしょう。であるならば、少なくとも来年の頭までは動くに動けない環境にあるのではないかとみています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |