プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日は一転してドル円が103円台まで戻すなど、ドルに対する買い戻しの動きが強まっています。米金融当局者のタカ派的な発言が意識されているわけですが、9月の利上げに関しては依然として難しいとみています。結局雇用統計は市場予想を下回ったわけですし、その他の経済指標はまちまちです。大統領選挙も11月とはいえ控えているわけですから、ここで慌てて動く必要があるのかどうかといったところではないかと思います。そして12月であれば市場全体も落ち着いてきているのではないかと思いますし、FEDとしてもやりやすいのではないかと思っています。

とはいえ、先に伸びれば伸びるほど思わぬリスクが高まる可能性はあります。例えば英国の動きは落ち着いてきているとはいえ、突発的に何かしらの動きがあるかもしれません。中国株が急落して世界的にリスク回避的な動きが強まる可能性もあります。である以上、早め早めに打てるうちに打つというのは悪い考えとも言えません。

それでも個人的には12月とみていますが、今日の動きは再び9月利上げか!?といった感じになっています。このまま上昇した場合は9月のFOMCで利上げせずに急落といった動きを見込んでいますが、さていかに?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |