プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日もそこまで大きな動きにはなっていない状況ですね。さて、どうしたものでしょうか。ジャクソンホールを控えて様子見ムードといったところですが、そういったことばかり書いていても仕方ないので、ジャクソンホールとその後の動きでも考えてみましょう。

テクニカル的に見ると、ドル買いが強まりそうな、そんな感じの状況に見えます。株価がちょっと問題なのですが、一時的に調整が入ってもおかしくないところではあります。となると、金融政策に関してはタカ派的な動きがあってもおかしくないといった判断になってきそうです。つまり、ジャクソンホールで早期利上げ、といっても12月くらいが限界かと思いますが、そういった話がイエレンFRB議長から出てくるのではないかとみています。

ドル円に関しては上昇する可能性が高いのではないかとみています。市場にエネルギーが蓄積されている中での動きであり、動き出したら意外と大きくなるのではないかとみています。105円程度であれば回復してもおかしくはないでしょう。逆に言えば、円高が進んだ場合は直近の安値をブレイクしかねないということになるため、警戒はしておくべきでしょう。

いずれにせよ、ここからの動きはかなりきつくなるものと思われます。逆張りよりも順張りで対応したほうが取りやすそうな、そんな局面になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |