プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

下値は堅い?

ドル円が100円割れから再度持ち直しての動きとなっています。とはいえ、持ち直し基調が強まるかというと、上値の重さがしつこく意識されている状況です。円高というよりもドル安といった側面が強いため、こういった動きになることも仕方ないといえば仕方のないところではあります。そういった意味では100円割れの水準で良く持ちこたえている、ということができるかもしれません。

FOMC議事録の発表を受けて、市場は早期利上げ観測の後退を意識したわけですが、この辺りは若干わかりにくいところではあります。そもそも最近のドルの下落は早期利上げ観測の後退を意識したものであり、いまさら感は否めません。ただ、市場の思惑に反してFEDは利上げを織り込んでいくのではないか、という見方があったとするならばある程度は納得できるところです。まぁ、それを市場が何故織り込んでいないのか、という点はよくわからないところですが・・・

いずれにせよ、市場はドルを売りたがっている感じが見受けられます。となると、ドル円の上値も限定的でしょうし、下値を拡大する動きを見ておいた方が良いでしょう。とはいえ、ある程度のところでは日本の当局の動きが意識されるところであり、積極的な売りにはなりにくいのでは?といった見方をしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |