プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

欧州株急騰

欧州株がかなりきつい上昇となっていますね。その割に米株の反応は鈍く、またドル円も102円を割り込むなど、リスク志向の動きが強まっているといった感じではありません。米国債利回りが低下しているため、ドルに対する売り圧力が意識されている感じです。ただ、リスク志向の動きが強まっていないだけで、リスク回避的な動きがみられているわけではない点には注意が必要でしょう。米国債利回りにしてもここ最近の急激な利上げ観測の高まりに伴う上昇への修正という見方もできるわけで、ポジション調整という意味ではそこまで警戒すべきものでもないのかもしれません。そもそも米株は史上最高値圏での動きであり、ここから積極的に買うというのもなかなか難しいところであることも事実です。にもかかわらずプラス圏での推移となっているわけですから、やはりリスク志向の動きが根強く残っている、という判断になるのでしょう。

原油価格も大きな動きではないものの、とりあえずプラス圏での推移です。上値を抑えられているため、引けにかけてマイナス圏に転落といった動きはあってもおかしくなさそうですが、底堅い動きを見せていることは事実です。エネルギー関連銘柄が持ち直して来れば、米株の下値を支えることになるでしょう。ガソリンは行楽シーズンで需要に関しては一定程度は見込めるでしょう。そう考えると、やはりリスク志向の動きを意識しながらの局面がまだしばらくは続きそうな、そんな楽観的な局面ということになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |