プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

多少持ち直し

ドル円などは先週末比で多少持ち直しての動きとなっています。上値の重い流れではありますが、米株の堅調地合いを背景にリスク志向の動きが意識されているといったところです。100円割れはすぐには難しいのではないかと見ていますが、今日も大きく下落ということになっていたら、ちょっと危ないかなと思っていたことも事実でして、その意味ではほっとしたところではあります。

夏枯れ相場という言葉もありますが、今年の8月は大きな動きにはなりにくいのではないかとみています。世界経済は英国のEU離脱問題や中国経済の先行き不透明感など、警戒感が残っていることは事実です。しかし、その一方でダウは史上最高値圏での動きを維持しており、経済指標はまちまちながらも企業決算や労働市場などは依然として堅調というべき局面です。となると、下げてきたところでは買いが強まるでしょうし、さりとて積極的に上値を追うといった動きにもなりにくいでしょう。

となると、今月はやはり大きな動きにはなりにくく、狭いレンジでの動きが意識されるのではないでしょうか。この辺りは動画でも簡単に解説しましたが、基本線は様子見かと思います。レンジをうまくとらえて対応していきたいですね。ボリンジャーバンドでレンジのイメージをつかむやり方は有効ではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |