プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

情報の正確性

Facebookで少し気になる話があったので、それについて少しばかり考えてみました。

ある方がFX会社(海外メイン?)の信頼性と言いますか、詐欺を行っていないかどうかについて分析と言いますか、情報提供を行っています。で、その方にFXスクールを開催している方が本物かどうか、といった問い合わせがあったそうで、分析を行っていました。そして、その分析に対して、「その分析そのものの信頼性は?」といった類のコメントが寄せられていて、議論というほどのものではないのですが、コメントが積み重なっていました。

何と言いますか、なんかずれているなぁ、というのが私の偽らざる感想です。例えば、FXスクールを開催している方をA、その分析をされている方をB、その分析を見ている方をCとしましょう。BがAのスクールは本物だ!と評価したとしましょう。それに対してCがBに対して、その分析は正しいのですか?(裏でお金もらっているんじゃね?)と言いだしたとしましょう。しかし、それをネット上で証明することはなかなか難しいでしょう。しかも本物とは何か、偽物とは何かといったことを考えだしたら・・・Aのスクールに関してもBは本物!と思ってもCが実際にやったら偽物と感じるかもしれません。

結局のところ、こういった情報は何が正解で何が間違っているのかは一概には言えません。また、違った角度から見れば見方も変わってくるものかと思います。ですから、最終的には自分で判断するしかないわけであって、その人の根拠を聞くなどといったことは重要かと思いますが、その判断が正しいのかどうかということを議論するのは時間の無駄ではないかな、と思っています。自分なりに考えて、信用できないというのであれば、それはそれでそこを見なければいいわけですからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |