プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

黒田日銀総裁のヘリコプターマネー不要といった発言を受けて、急激な円高が進みました。これに関しては6月の収録段階での話であり、それが今頃になってラジオで出てきたということのようですが、どうにもよくないタイミングで出てきたものですね。恣意的なものを感じないわけでもないのですが、とりあえずは円高が急激に進んだという事実を認識しつつ考えないといけませんね。

ここ最近は米国株の上値追いの流れを好感して円安が進んでいたわけですが、それに冷や水を浴びせられた格好となっています。問題の米株は今日はダウが小幅に下げていますが、NASDAQなどはプラス圏での推移となるなど、下値の堅さは意識されています。あとは引けにかけての動きではありますが、経済指標が市場予想を上回ったものが多いことを考えると、積極的に売り込む動きになるかは疑問の残るところです。現状では流れは変わらない、といったところにも思われます。

となると、日銀の件で急激に進んだ円高も一時的?といったところではあります。テクニカル的に見ると、ドル円などは一時的な下値余地を残しているように見えますが、100円を割り込むような円高にはならないのではないかとみてます。となると、日銀としても逆い動きにくいということになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |