プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今週末に雇用統計があるわけですが、その前段階で発表されたADP雇用統計は市場予想を上回っての結果となっています。この流れで米雇用指標が改善と行くかどうか、といったところでしょう。雇用統計は前回がかなり悪かったため、その反動が出て上昇といった動きになる可能性は高いように思っていますが、どうなりますか・・・

今回の雇用統計に関しては、英国の状況が織り込まれていないところが危ないところではあります。つまり、良い数字が出てもそこまでリスク志向の動きは強まらないでしょうし、悪い数字が出た場合は一気に警戒感が強まる、といったところとなるのではないでしょうか。そういった意味でかなり警戒すべきところかと思っています。その意味で、あまり悪い数字が出ないでほしいところではあります。

ところで、英国の一件があってから、ポンド円の取引をちょこちょこやっているのですが、値動きが荒いのでスキャルに近いやり方になってしまっています。見ている時間足も普段は30分なのですが、1~5分足を見るなど少しやり方を変えています。ポンドはもともと動きの荒い通貨ではありましたが、特に今はきつい動きであり、これまでの感覚でやろうとすると思わぬ展開に動揺しちゃいますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |