プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

来週は

来週は基本的に英国の国民投票に向けての動きであり、その結果次第で方向感が決まるといったところでしょうか。これに関しては基本的には離脱をしないのではないか、と今でも思っているわけですが、世論調査を見る限り予断を許さないといったところとなっています。これを言うのはためらわれるところですが、現実的に見てあの殺人事件が離脱反対への道を作った可能性が高いとみています。あまりこういったことを書くと炎上しそうですし、個人的にもあまりいい気分ではないのですが、実際問題として、世論としてもあのような事件があり、それでも離脱賛成という方向に向くのかな?と思うところです。あの事件は逆に離脱賛成派にとって痛手となったのではないかと思っています。

いずれにせよ、来週はポンドを中心に荒れ模様となるでしょう。個人的にはスプレッドが拡大する可能性もありますし、積極的に取引をするのであれば、資金管理はいつも以上に注意して臨んだ方がよさそうです。現状を見る限り離脱派が優勢というのが市場の流れです。であるならば、離脱しないほうに賭けたほうが思惑通りに動いたときは利益は大きくなるでしょう。もちろん、ストップを入れ忘れるなどということがないようにしないといけませんが・・・逆に離脱に賭けた場合は利食いのポイントも考えておきたいところです。離脱が決定した場合はリスク回避的な動きが強まることが予想されますが、最終的にどういったことが起こるのかがわかりません。となると、意外と早い段階で買い戻しの動きもみられるのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |